忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

nagoyasiden.jpg先日、近所の本屋さんで
懐かしい名古屋の市電の本を見つけ
ちょいと立ち読みしました。





 
名古屋の市電と街並み (トンボブックス)

子供のころ、名古屋の港区に住んでいましたので
名古屋市電築地線にはよく乗りました。
路線バスとは違って、のんびりしていて大好きでした。
 
今でも覚えているのは花電車です。
市電のボディ全面に電飾などの装飾がしてあり
夜はほんとにきれいでした。
名古屋まつりのときなんかに、この花電車、走っていました。
 
この築地線、1971年(昭和46年)に廃止されました。
その3年後に名古屋市電は全廃されました。
 
愛知県では豊橋の市電、まだがんばって走っていますね。
 
私の好きな市電、というか路面電車は香港のトラムです。
このトラム、2階建てです。
メインストリートをトラムでのんびり走るのも楽しいですが
私、北角(ノースポイント)を走るトラム、大好きです。
ハラハラドキドキします。
 
春秧(チュンイェン)道という露店が立ち並ぶ細い通りを
2階建てトラムはクルマと人を掻き分け掻き分け進んでいきます。
2階から下を見ているとスリル満点です。
再生をクリックしてから
右上角の矢印のついた四角をクリックすると画面がでかくなります。
 
おばちゃん、轢かれるよっ!
 
春秧(チュンイェン)道の混沌世界を抜け
トラムは英皇道(キングスロード)に合流します。
 
1904年に開通した香港のトラム
100年以上がんばって走っているわけですね。
運賃はどこまで行っても
一律2香港ドル(ただ今、1香港ドルは10.8円)・・・
20円足らずで楽しいトラムの旅ができる香港です。
 
んっ?今、1香港ドルって10円なんだ・・・
円高だぁぁ、行きたくなりました、香港へ。
PR
8月29日をもって松坂屋名古屋駅店が閉店しました。
最近、デパートが相次いで閉店しています。
仕方ないですね、時代のニーズに合わなくなってしまったのですから。
 
私が子供の頃はデパートっていったら
それは特別なところでした。
「明日、デパートに行くから」と聞くと、わくわくしたものです。
 
お目当ては屋上。
たくさん遊具があって楽しいなんてもんじゃありませんでした。
コロンと小銭を入れると
前後や上下に単純に動く遊具なんですが
楽しかったなぁ、当時。
そしてレストランで食べたお子様ランチ
旗が立っているやつです。
まさにパラダイス・・・。
 
当時、我が家はもっぱら丸栄でしたね。
丸栄の向かいは、オリエンタル中村(現在の三越)でした。
 
私自身、最近、デパートって行ってないです。
この間行ったソウルのロッテ百貨店が久しぶりのデパートだったかも・・・。
やばいですね・・・。
 
で、松坂屋名古屋駅店。
昭和49年に開店したそうですが
実は、名古屋駅店はあまり馴染みがないです。
行くのはパスポートの更新のときのみ・・・。
今じゃ、半田でも更新できちゃうので
ここ10年以上、足を踏み入れたことありません
だから、閉店と聞いてもさほど感慨深いものはないのですが
ただ、次はどこのMデパートが閉店するの?と
ちょっと心配ではあります。
 
笹島の交差点から松坂屋名古屋駅店まで
ストリートビューで歩いてみました。
 
左手側はデパートが続きます。
名鉄ヤング館、名鉄メンズ館(元メルサ)、近鉄パッセ、名鉄百貨店
そしてほぼひとり勝ちのJR高島屋
 
終点は、松坂屋名古屋駅店です。
 
そういえば向かいの大名古屋ビルヂングも建て替えちゃうんですよね。
地上38階、高さ190メートルの高層ビルになるそうです。
ビルヂングの名称は残してほしいな。
これから高層ビルが増え、グングン空に伸びていくんでしょうか・・・。
 
って、事務所や店舗、埋まるんですかね?
アイスランドの火山噴火で空のダイヤが乱れていましたが
本日、セントレア空港からフランクフルト便は無事出発しました。
ただヘルシンキ便は今日も欠航。
 
世の中、地震やら火山の噴火やら赤シャツデモやらで
おちおち旅にも出られません。
ということで
私、お部屋で静かにストリートビューです
まさにオタクなトラベラー。
 
何故なんでしょうか、日本国内のストリートビュー
非常に画像が悪いです。フルスクリーンにするともう最悪です。
それに引きかえ香港の画像のきれいなこと。
 
今回も香港。私の好きな街、ヤウマティからモンコクあたりを歩きます。
 
お気づきのように香港の通りにはすべて名前がついています。
そのネーミングは大まかに分けると3タイプあります。
1つは英語名をそのまま直訳したもの
たとえば窩打老道。これはウォータールーロードです。
ウォータールーに一番近い読みの漢字を当てたもの。
2つ目は中国語先行型です
たとえば洗衣街(サイイーガイ)。
3つ目は直訳型です
たとえば廟街、これテンプルストリートです。
 
かつて英国領だった香港ですから
英国的ネーミングも多いです。
太子道(プリンスエドワードロード)
皇后大道(クイーンズロード)
英皇道(キングスロード)
 
スタートはヤウマティの天后廟というお寺さん。
ゴールはプリンスエドワードロード近くにあるバードガーデンです。
 
日が暮れると途端に活気づく
廟街(別名、男人街)、アーサーストリート、通菜街(通称、女人街)も歩きます。
が、さすがに屋台が並ぶ時間帯にストリートビューの撮影はできないので
これらの通りは実に閑散としています。
でも女人街(通菜街)はまさに屋台を組み立てるちょい前の時間帯みたいで
屋台のオヤジたちが「さぁ、今日もがんばるぞ」な感じが笑えます。
すでに屋台組み立てが始まっているエリアもあります。
 
先回の尖沙咀(チムサアチョイ)とは違ってジモティな旺角(モンコク)
香港名物というか中国名物な上半身裸のオヤジもいたりして
それはそれで微笑ましいです。
 
終点のバードガーデンは
まさに中国、鳥かご片手にふらふらしているオヤジたちの天国です。
鳥やら鳥かごから餌を売るお店がひしめきあっています。

右上角の矢印のついた四角をクリックすると画面がでかくなります。

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]