忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602]  [1601]  [1600]  [1599]  [1598]  [1597]  [1596
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

周山街道沿いに流れる清滝川


時折、涼しい風が川を渡ってくるんですが

 

暑い!とにかく暑かったです

 

しかもアップダウンが多く

つまり階段が多いんです



石段というのは不揃いなので歩きにくくて・・・

思いのほかキツイ数珠巡礼となりました

 

でも、深閑とした参道にはマイナスイオンが満ち溢れていて

 

天に真っ直ぐに伸びる杉を見上げていたら

気分もすっきり

 

この真っ直ぐに伸びる杉、北山杉です



 

高山寺の北にある北区中川というエリアを中心に植林されているらしく

「京都府の木」に制定されています

 

ちょうど参道脇で枝打ちされている北山杉を見つけました

樹冠だけを残して枝を打ち落としているんです

 

枝打ちされたものはすべて真っ直ぐな素直な子たちばかりなので

伐採されたものは

はみ出しモノだったのかもしれません

 

北山杉の世界も・・・きびしいです

 

これを定期的に繰り返し

選ばれし北山杉だけが生き残って

数寄屋建築を支えているんですね

 

そんな北山杉を見上げながら

 

高山寺から西明寺(さいみょうじ)へ


 

赤い指月橋を渡り

また石段を踏みしめながら・・・

 

やっと辿り着いた山門

石段が波打っています



 

西明寺はまさに紅葉を愛でるためのお寺で・・・


 

季節はずれにお参りにきた私たちふたりのために

ほんのり赤くなってくださいました

 

天長年間に弘法大師さまの高弟が(なんでも甥っこさんらしいです)

神護寺の別院として創建したのが始まりだそうです



 

ご本尊はお厨子の中に安置されている釈迦如来像

清涼寺式の釈迦如来です

 

運慶作と伝えられています

 

清涼寺式釈迦如来とは

嵯峨野にある清涼寺の釈迦如来を模刻した像で

生前のお釈迦さまの面影を伝えている仏さま

 

50cmちょっとの小ぶりの釈迦如来像

脇侍の文殊菩薩と普賢菩薩は・・・

 

なんとお厨子の扉に描いてありました

 

本堂は徳川綱吉の生母、桂昌院の寄進によって再建されたものです

 

すでにお昼をまわっていましたが

この辺りのレストランは

紅葉の時期だけの営業なんでしょうか、閉まっています

 

へとへとなんですけど

がんばって神護寺(じんごじ)まで歩きました

 

・・・・・・・・・・続く

emoji   emoji   emoji   emoji   emoji   emoji   emoji   emoji   emoji   emoji

高雄三山~高山寺

高雄三山~西明寺

高雄三山~神護寺



  

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]