忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星野藤馬「殿、大須演芸場が本日をもちまして幕を閉じました

      とうとう大須から芝居小屋が消えてしまいました、残念でなりませぬ

             

      殿が享保の改革に反旗をひるがえして
  
      城下にて芝居の興業や遊郭を許可しましたら
 
      全国からたくさんの芸人や商人らが尾張に集まってまいりました

      大須にも芝居小屋が建ち並び、それはそれはにぎやかでございましたね」

 

徳川宗春「享保の改革は多くの民を苦しめておったからのぉ

おぉぉ、思い出したぞ、白い牛にまたがって大須を練り歩いたな

藤馬、楽しかったのぉ」

 

星野藤馬「夢のような時代でございました」

 

徳川宗春「しかし、尾張から、どんどん俺さまの足跡が消えていってしまうのぉ

大河ドラマにもなかなか呼んでもらえないしな」

 

星野藤馬「そうそう、先日、御園座の書庫から

江戸時代に名古屋で上演された歌舞伎の役者評判記が7冊見つかりました」

 

徳川宗春「あの借金苦の御園座か?」

 

星野藤馬「建て替えのため、ただ今閉鎖しておりまして・・・

       未整理の資料を調べておりましたところ

その7冊が出てまいったそうでございます」

 

徳川宗春「いつ頃のものだ」

 

星野藤馬「1747年から1795年に書かれたものだそうでございます

      殿が隠居謹慎を命じられたのが1740年でしたから

      殿がご存命中の頃のものもあるということでございますね

      当時の役者たちの絵とともに演技力を批評しているそうでございます」 

 

徳川宗春「ほぉぉ、江戸や上方のマネをして

      そのようなものを尾張でも作っておったのか」

     

星野藤馬「殿のおかげです

       尾張が江戸や上方と並ぶ芸どころであったという証しでございますね

       殿の足跡はまだ残っておりまするぞ
  
       これからまだまだ出てくるやもしれませぬ

       もう少し待ちましょう、きっとNHKから連絡があるものと存じます」



PR
徳川宗春「お、藤馬、昨日の名古屋市長選はどうなった?」
 
星野藤馬「はい、現職の河村たかし氏が無事3選を果たしました」
 
徳川宗春「俺の大河ドラマのこともマニフェストの中に書いてあるそうだな」

星野藤馬「はい。徳川宗春公再現プロジェクトなるものを構想しておるようです。
      そして、あの東照宮祭を京の祇園祭のような大々的な祭りとして復活
      させようとはりきっております」

徳川宗春「俺の高祖父家康公の三回忌の祭礼がはじまりの東照宮祭だが
      わが兄上、先代の継友公が、享保の改革に同調して
      しょぼい祭りにしてしもうたので、俺がド派手にやるよう指示したのよ」
 
星野藤馬「そうでございましたね、殿。殿がこの祭りの前にお国入りしたときの
      驚くような出で立ち、あの民の狂喜乱舞、今も瞼に焼き付いております。
      大河ドラマ「八代将軍吉宗」では中井貴一氏が当時の殿と同じように
      全身黒の装束で、黒の馬にまたがって、かっこよく演じておりました」

muneharupost2013128.jpg
 








徳川宗春「ハ、ハ、ハ、俺さまには負けるがな。そうだ、祭りの山車のからくり
      を広めたのもこの俺さまよ」
 
星野藤馬「その山車も空襲で焼けてしまい、戦後、東照宮祭はなくなってしまい
      ました。なんでも復元するには1基数億円かかるそうです。河村市長、
      議会との関係ではかなり苦労しておられるようで、さてどうなりますこと
      でしょうか」
 
徳川宗春「あぁ、思えば、俺も家老たちには苦労させられたのぉ。
      挙句の果てには、幕府と結託して、俺を失脚させおったわ。しかし
            世はアベノミクスぞ、俺のときとは全く違う。河村なる者、どうやって
            このアベノミクスに乗っかっていくか見物よのぉ」
 
星野藤馬「がんばっていただきましょう。殿の大河も早く実現してほしいものです。
      そうそう、先月のライバルたちの光芒では、高橋英樹氏が、殿に軍配を
      上げました。殿を演じたいとも言っておりましたよ」

徳川宗春「演じる?あの年で・・・。隠居謹慎の俺をか?」


 
星野藤馬「殿の新しいポスト、やっと見てまいりました」
 
徳川宗春「あの粉々に壊されたやつか。どうだ?前よりかっこよかったか?」

 muneharupost2013128.jpg












星野藤馬「すべて同じにございます、ポーズもすべて。
      ただ・・・、煙管はありませんでした」

徳川宗春「よいよい、禁煙できてちょうどよいわ。
      平成の世の中、愛煙家は肩身が狭いゆえのぉ」
 
星野藤馬「昨晩の城下町へ行こうは名古屋城でございました。
      殿、また出演されておりましたね、名古屋友禅のコーナーで」

徳川宗春「そうよ、名古屋友禅はまさに俺さま仕様ぞ。
      京から友禅師を呼んで技術を学ばせ
      さらには単彩濃淡という京とはまた違う技法を編み出したのじゃ
      細かいところにこだわるのよ、俺は・・・。
      ところで藤馬、あの虎の友禅、なんとか手に入れてくれぬか。
      あれを着て花魁たちと大須を練り歩きたいのぉ」
 
星野藤馬「確かにあれは殿しか着こなせません、ピエールでは無理でしたね。
      さてどなたに頼みましょうか?」
 
徳川宗春「4月の市長選、あの河村なるものは懲りずにまた出馬するのか?」
 
星野藤馬「今のところ。しかし、少々、旗色がよくないようで・・・」


 
 
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]