忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[1990]  [1989]  [1988]  [1987]  [1986]  [1985]  [1984]  [1983]  [1982]  [1981]  [1980
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただ今、知多市歴史民俗博物館では

「知多市の寺院・神社に眠る美術工芸品」展が開催されています

 

普段見ることのできない仏像や掛け軸などの美術工芸品約45点が

市内15の寺社から集められました

 

小ぶりではありますが

知多半島の田舎にもこんなきれいな仏像が眠っていたのかとびっくり!

 

法海寺の「涅槃図」

室町時代のものですが色も鮮やかに残っています

 

せっかくなので博物館の帰りに法海寺に寄ってきました

 

薬王山法海寺

 

天智天皇勅願所

日本三薬師ノ一

 

ちょっとぉ・・・盛り過ぎじゃないですか?

 

実はこの法海寺には、ほんまかいな的伝承があるんです

 

天智天皇の時代に新羅の僧道行が

あの草薙の剣を盗み出したんだそうです

しかし、失敗して幽閉されてしまいます

 

幽閉の身となった道行は修行の末、霊感を得て

その後、帝の病を平癒したとして勅願と寺領を賜ったということらしい

 

熱田神宮では毎年5月4日の夜

草薙の剣が神宮に還った故事を伝える酔笑人(えようど)神事が行われます

 

境内の明りを消して

真っ暗な中、皆で喜んで高笑いをするという神事です

 

この神事とのつながりはよくわかりませんが

本格的な発掘調査により

白鳳時代の瓦や奈良・平安前期の瓦や土器が出土し

法海寺が古刹であることは確かなようです

 

仁王門は寛文6年(1666年)の建立と伝わっています


仁王門の隣にある吉祥院の阿弥陀三尊像も出展されていました

直立した阿弥陀さんの脇に

前屈みの観音菩薩と勢至菩薩が風に舞うように立っていらっしゃって

ありがたい気持ちになりました

 

猛暑にあえぐお庭の蓮の花・・・

 

企画展は8月31日まで


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]