忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[2085]  [2084]  [2083]  [2082]  [2081]  [2080]  [2079]  [2078]  [2077]  [2076]  [2075
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日明日の2日間

桑名の六華苑で秋の舞楽会が開催されています

 

さっそく行ってまいりました

 

この六華苑(ろっかえん)は

山林王と呼ばれた桑名の実業家、2代目諸戸清六の邸宅として

大正2年に建てられたもの

 

設計は、あの鹿鳴館などを手がけたジョサイア・コンドル氏です

 

現在8軒しか残っていないコンドル氏の建物のひとつで

また地方に残る唯一の作品として注目されています

 

薄いブルー色の洋館に和館がドッキングしたこの大邸宅は


揖斐川・長良川沿いに建ち

約18000㎡という広大な敷地を有しています

 

女中部屋だって素敵~♪

洋室ですがこんな和風の押入れがついています

 

2階のベランダからの眺めです

 

この洋館の前に舞台が組んであって

舞人はこんな感じで入場します

 

なかなか不思議な組み合わせです

 

「打球楽(たぎゅうらく)」は


ゴルフのパターのような毬杖(ぎっちょう)を持って舞います

途中、取り出した玉を打つかのような舞が素敵でした

 

面をかぶって舞う「皇仁庭(おうにんてい)」は


仁徳天皇の即位をお祝して

百済王仁が「難波津歌」をつくり庭で舞ったという古い舞いです

 

午前の最後を飾るのは「陵王」です

私が一番見たかった舞です

一部をケイタイの動画で撮りましたが

途中から、撮っていることを忘れてしまうほど見入ってしまいました

 

蘭陵王の面です

 

イケメン過ぎて敵に侮られないようにお面をかぶったという蘭陵王

今年の春、ドラマを見たので

戦いに明け暮れた彼の27年の人生が走馬灯のように蘇ってきて

大感激でした~♪

 

午後から後半が予定されていましたが

私、これで十分に満足したので六華苑をあとにしました

 

六華苑から川沿いを南下すると

七里の渡跡が見えてきます

 

熱田の宮宿から海路七里にあったことから「七里の渡」と呼ばれています

東海道42番目の宿場町として賑わっていたようです

 

この大鳥居は「伊勢国一の鳥居」

これより伊勢路に入ります

 

寛永11年創業の桑名名物の安永餅


舟を降りた旅人たちは

この安永餅を食べてひと息ついたんでしょうか

 

七里の渡跡の近くに建つ「船津屋」は明治8年創業の老舗料亭

皇族はじめ川端康成、志賀直哉などの要人や文人の滞在先として

また泉鏡花の小説「歌行燈」の舞台としても有名です

 

さすがにここでのランチは無理なので

小説のタイトルになった「歌行燈」を屋号にしたうどん屋さんで

蛤尽くしのランチをいただきました

 

いいお出汁のうどんでした

 

明治10年創業の日本料理の老舗です

 

ジョサイア・コンドルと舞楽と蛤尽くし・・・

桑名宿で芸術と食欲の秋をたっぷり満喫することができました

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]