忍者ブログ
わが町知多半島に空港ができました。セントレア空港。いつでも飛んでいけるぞ、空の彼方へ、考えただけで幸せな気分。飛行機見ながら、ちょい福求めてぶらぶら歩いてみようかな、と。
[2099]  [2098]  [2097]  [2096]  [2095]  [2094]  [2093]  [2092]  [2091]  [2090]  [2089
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もみじの寺「寂光院」から山を下って木曽川沿いを歩いていくと

犬山城が見えてきます

 

その犬山城近くの名鉄犬山ホテルでランチしたあと

ピエール瀧さん気分で城下町を歩きました

 

いざ、登城!

 

この犬山城

織田信長の叔父である織田信康が築城したと伝えられています

 

このあと、めまぐるしく城主が替わりますが

1617年、尾張藩付家老の成瀬正成が城主となってからは

成瀬家が代々守り続けてきました

  

明治維新で廃城となり

天守を除いて門や櫓などなどは取り壊されてしまい

さらにその後の濃尾地震で天守も被害を受けます

 

明治28年、愛知県から修復を条件に旧城主である成瀬家に譲渡

その後、数度の修復を経て

晴れて昭和10年、国宝に指定されました

 

現在は犬山城白帝文庫の所有となり犬山市が管理していますが

2004年までは成瀬家個人が所有するという珍しいお城なんです

  

見ての通り、こぢんまりとしているお城です

内部4階、地下2階、高さ19m

それ故、個人で維持できたのかもしれません

 

この時期、紅葉と桜が一緒に楽しめます

 

なんだかお顔に見えません?

 

花頭窓が目で

唐破風部分の瓦が髭で

その下の窓が口

ちょっと出っ歯?


 

唐破風の内側です

 

お城の南東隅(画像の右部分)に付櫓は濃尾地震で破損したため

のちに復元されたもの


そこからの眺めです、四季桜がよく見えます

 

最上階からは360度のパノラマが楽しめます

遠くに見えるのは犬山成田山

 

木曽川の南岸、標高80mの城山に築かれた犬山城は

背後を断崖に守られた後堅固のお城です



 

犬山城は城と城下町の外周を堀で囲い込んだ総構えと呼ばれる城郭構造

古い町並みが残っていて

町屋や犬山祭のときに使われる車山をおさめる車山蔵

お土産ショップ、カフェ、レストランなどなど

町歩きもとっても楽しいです


 

が、明日23日に

木曽川を隔てた伊木山の向こう側に広がる岐阜基地で航空祭が開催されるため

ここ数週間前から自衛隊機が飛行組錬しており

ものすごい爆音をたてながら低空を飛んでいます

この日もガンガン飛んでいて

特に10機が戦隊を組んで飛行するさまは迫力満点!

 

自衛隊機を見上げながらの城下町歩き

なかなか盛り沢山なてくてく尾張名古屋でした

 

毎年、岐阜基地の航空祭に行く息子に聞いてみると・・・

 

「今回はブルーインパルスが来ないから」



emoji     emoji     emoji     emoji     emoji     emoji     emoji


尾張もみじ寺「犬山寂光院」へ







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
きょうのお月さん
Today's Moon phase
コメントありがとうございます
[10/26 madamyam]
[10/26 蟹満寺薬師徳光和夫]
[04/29 madamyam]
[04/28 おにぎりヴィヴァルディ]
[04/28 madamyam]
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
madamyam
性別:
女性
趣味:
旅行 お寺めぐり
バーコード
カウンター
Copyright © きょうのちょい福 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]